小学校受験のポイントを解説

現在の小学校受験について

一般的に受験と聞けば大抵の方が高校受験や大学受験を思い浮かべると思われますが、近年においては小中学校受験に対する意識が高まり雰囲気が変わってきました。何故小学校受験への風向きが変わり意識変化が起こったのかを説明すると大きく分けて2つの要素があります。ここではその2つの要素を紹介していきます。

 

まず一つ目の理由としては、『学級崩壊』と言う社会問題が大きく関係している事が挙げられます。きちんと学び知識と意識を身に付ける為には、初めて集団で勉強を受ける事になる小学校と言う場所での教育環境が適切である事が重要だと言われています。しかしながら、社会問題でもある学級崩壊が起こっている状況だと、まともに学習出来る環境がないだけではなく、学習をすると言う意識が起こりにくいものです。それなので、学習の基礎をきちんと安心して身に付ける適切な環境が整っている学校への進学を考えて、自分のお子さんに小学校受験を受けさせる親が増加しています。親の心情を考えれば理解出来るのではないでしょうか。

 

次の理由として大きいのが、早期教育への意識が高まっている事が挙げられます。学歴社会と言う言葉も大分聞かなくなりましたが、実際には未だ学歴社会は色濃く残っています。その様な事もあり自分の子供にはなるべく早い段階から質の高い教育を受けさせたいと希望している親御さんも多いです。小学校受験に成功すれば大学までそのままエスカレーター式で進学可能な学校もありますし、仮にそうなれば厳しい受験を体験せずに有名大学卒業となります。

 

それから、最近の日本においては一流大学進学を小学校のうちから目標に掲げて動いているご家庭も少なくなく、それを達成する為のステップとして大学受験を初めから視野に入れた小学校受験を受けさせる親御さんも多いですね。今現在の日本における小学校受験の受験率を見た場合に、確かに各都道府県によって違いは生じていますが、首都圏の場合には小学校受験を受けるパーセンテージが高くなっています。大体15%程度の児童が小学校受験を受ける感じになっていますが、小学校受験が可能な学校と言うのは数が限定的なので、狭き門と言わざるを得ませんね。


オススメ通信教育のZ会

アドセンス広告